赤和歌山うたこの日記

赤和歌山うたこの日記

キャベツ

筋肉量を維持するためにも、たんぱく質を摂取できるように食事の栄養バランスを考えることが必要です。人を選ばず、すぐにでもできるキャベツダイエットで痩せたい場合は、どういった点に注意をするといいでしょう。(マキエ)。基礎代謝を維持するためにもダイエット中は筋肉を落としてはいけません。アルコールを飲まざるを得ない場合、せめて炭水化物を食べないように意識します。(ハナ)。

キャベツダイエットを成功させたいなら、糖分と油分は可能な限り避けて、何か食べたいという時は果物でお腹をごまかしておきましょう。肉のほか、卵、大豆加工品、魚介類など、色々な食べ物からたんぱく質を摂取することで体のバランスが整えられます。おひたしや、蒸して調理をすることで、できるだけ油を使用しない料理を仕上げることができるようになります。調理をするときは、油を使わないようすることが大切です。テフロン加工された調理器具を使用すれば、油をほとんど使用しなくても調理できるので大変便利です。日々の食事に配慮することも、キャベツダイエットを達成するめには大事なことといえます。

ミズカ)。(ヨリコ)。基礎代謝量のうち40%は筋肉による消費だといわれています。キャベツダイエットの最中でも、甘い物が食べたくてたまらなくなる可能性があります。キャベツダイエットで速やかに体重を減らしたい場合は、朝と昼は通常通り摂取し、夜はご飯など主食から得られる炭水化物を抜いて、その代用品としてキャベツを食べるようにします。飲酒量を減らすことも、キャベツダイエットを成功させるには大事なことです。

カオリ)。
。(トシ)。(フサエ)。(ユリ)。もしも、夕飯が遅くなるならば、炭水化物は食べないようにするといいでしょう。


  1. 2015/10/8(木) 20:47:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0